水素水の働き

水素水とは

水は「水素(H2)」と「酸素(O)」がくっついている状態で、化学式では「H2O」で表し、学術的には「水素豊富水」と呼ばれます。

ですから水には水素を含んでいるのですが、水素水はさらに水素を豊富に含ませた水です。

普通の水に水素を更に含ませる事によって、健康に役立つとされ人気が高まってきました。

水素は空気中に逃げやすいという性質があるため、水素水と称しながらも水素がほとんど入っていない製品があるという事例もあることから、分子状水素医学シンポジウムでは、水素水における水素の含有量に最低基準を設けました。

そこでは0.08ppm以上の水素を含んだものを「水素水」としています。

水素水の働き

水素分子には、老化やさまざまな病気の原因とされる「活性酸素」を消去する働きがあるといわれます。

そのため、医療分野での幅広い活用が研究されているほか、メディアで美容や健康に効果があると取り上げられ知られるようになりました。

水素水は厚生労働省が認可している食品添加物で、安全かつ安心であり過剰な摂取による副作用といった心配もありません。

さらにエイジングケアなどとして美容への効果に留まらず、さまざまな疾患への改善効果が認められ、一部の病院などでは治療の一環としてとり入れられているようになりました。

最近ではドラッグストアやコンビニ、ネットなどで手軽に入手できるため、多くの人に愛飲されるようになってきました。

水素水の効果

水素水が注目され始めたきっかけは、その効果にあるといえます。

ここ数年で、身体をサビつかせて老化を進める存在として「活性酸素」が話題になりました。

これをとり除いてくれるという効果が、水素に期待できるのです。

活性酸素がすべて悪いというわけではなく、そのなかでも細胞やDNAを傷つけてしまう悪玉活性酸素(=ヒドロキシラジカル)に強力な酸化作用があり、人体に影響を与えます。

水素水は、このヒドロキシラジカルのみを選んで結合し、水に変換されて身体の外に排出されるという特徴があるのです。

多くの病気の原因になる悪玉活性酸素。その原因を直接減らしてくれる水素水は、私たちの心強い味方になってくれることが期待できます。

水素分子と活性水素の違い

水素水の効果については、さまざまな説があります。

その中でも効果効能を表すポイントで「活性水素」や「水素ラジカル」「プラズマ水素」など、さまざまです。

しかし、これらは水素自体が持つ効果ではなく、学術的に「効果がある」と認められたものではありません。

水素水の選定のポイント

重要なのは水素の「濃度」で、水素濃度が表示されている水素水を選ぶ事で、目安は1.57ppm以上です。

水素は高い圧力をかけることで水の中にいくらでも溶けますので、非常に高い濃度の水素水を製造することも可能です。

しかし、高圧をかけた高濃度の水素水であっても、圧力をかけた直後でない限り、時間の経過とともに常気圧の状態に戻ります。

また、容器のフタを開けた瞬間に1.57ppm以上の水素はすぐに逃げてしまいます。

そのため、水素濃度は常気圧の限界値である1.57ppmがあれば、十分な濃度と言えるでしょう。

高圧で水素ガスを溶け込ませて、1.57ppm以上の高濃度が特徴とした水素水がありますが、時間の経過とともにすぐに水素が抜けてしまい、1.57ppmに下がります。

そのため、家庭で飲む水素水は1.0ppm程度の水素濃度で十分といわれます。

従って、単に水素濃度を気にかけるより、飲む時間・タイミングを考慮する必要があるでしょう。